カラコン DIA

DIAってなに?カラコン用語紹介!

カラーコンタクトレンズをインターネットで調べているとき、
よく出てくる言葉に「DIA」というものがありませんか?
どのメーカーのレンズにも必ずこのDIAはプッシュポイントとして
紹介されています。

 

それほどに重要なものなのでしょうか・・・
気にしたこと、ありましたか?

 

このDIA、正式には「Diameter」という単語の略称です。
意味は「直径」
つまり、コンタクトレンズの直径を表しているものなんです。

 

このDIAで表されるコンタクトレンズの直径は、
13.8 14.0 14.2 14.5など、数字が大きくなるにつれて広がっていきます。
カラコンを選ぶときに、このDIAはデカ眼効果があるかどうかを知る
非常にシンプルな指標になっているんですよ。
このDIAが小さいと、着色部そのものの直径も小さくならざるを得ないので、
比較的デカ眼効果は控えめになります。
もちろん、DIAが小さめでも着色部を大きくしていたり、
その逆にDIAを大きめにとって着色部は小さめになっているカラコンもあるので、
最終的には装着した時に自分の瞳と相性がいいかが一番大事だっていうことは、
きちんと理解しておいたほうがいいですよ。

 

ちなみにこのDIAですが、大きければそれだけデメリットも発生します。
コンタクトレンズというものが瞳に直接触れる器具のため、
直径が大きければ大きいほどに眼を覆ってしまい負担がかかってしまいやすくなるのです。
自覚症状がないのがこれの厄介なところで、細胞が酸素不足を起こすなど
眼が危険な状態になっていても、カラコンを使用している本人はまったく気が付かないんです。
ほかにも、自覚症状としては乾燥の出やすさや異物感といったものが出てきます。
これを防ぐためには、DIAの大きいレンズを使用する際には、長時間装用はできるだけ避け、
使用時間を短くすることで眼への負担を減らしてあげましょう。

 

とはいえ、DIAが小さければいいというわけでもありません。
外れやすかったり、ずれやすかったりといった、眼との相性によっては
不具合が生じることもありえます。
カラコンの場合はずれてしまうと瞳が二つに見えてしまったり、
せっかくおしゃれをしているのにマイナス効果が出てしまいますよね。
こういったデメリットから、一般的に平均のDIAは14.0〜14.2程度に
なっていることが多いですね。

 

選ぶのが難しいDIAですが、あくまでも参考程度に考えておけば大丈夫です。
カラコンを使用する際に一番大事なことは「眼との相性」であることを理解して、
正しく楽しいカラコンライフを満喫してくださいね。